[2015年12月29日付 公明党Webより引用]

障害者総合支援法 施行3年後見直しへ提言

高木(美)党障がい者福祉委員長に聞く
安心の地域生活実現へ
26団体から意見を聴取 親亡き後の支援など推進

来年、施行3年後の見直しを迎える「障害者総合支援法」について、公明党障がい者福祉委員会(高木美智代委員長=衆院議員)は22日、政府に障がい福祉施策の拡充を求める提言を提出した。提言のポイントについて、高木委員長に話を聞いた。

―提言の狙いは。

高木委員長 障がい者の地域における生活を支援する「障害者総合支援法」は施行3年をめどに見直しが規定されています。公明党障がい者福祉委員会は26の関係団体から丁寧にヒアリングを行い、見直しに向けた議論を進めてきました。障がい児・者や家族の置かれる状況は異なります。ニーズに応じた支援が必要です。より現場の声に根差した福祉施策とするため、政府に提言を提出しました。

―具体的な支援策は。

高木 医療技術が進歩する中、医療的ケアが必要な障がい児(医療的ケア児)が増加していますが、医療的ケア児を支える福祉サービスが少なく、家族の負担が重くのしかかっている現状です。このため、まず障がい児支援に関する制度の中に位置付けを明確にするよう主張し、支援体制の構築をめざします。

…詳しくは https://www.komei.or.jp/news/detail/20151229_18854

============================================

[PR]
■■ 資金調達でお悩みの障害福祉サービス事業者様へ ■■
銀行借入に頼らなくても「障害介護・障害児給付費の早期現金化」で資金調達ができます!
株式会社THIRD-iのファクタリングサービスを是非ご検討ください。