[2016年1月10日付 毎日新聞Webより引用]

「就労継続支援A型」参入事業者が急増

障害者が雇用契約を結んで就労訓練を受ける「就労継続支援A型事業所」への参入事業者が急増している。国からの給付金で運営できることなどから、事業所数はこの5年間で約7倍に増え全国で約2400カ所に上る。しかし、中には障害者を雇用しながら就労実態がほとんどないなど不正が疑われるケースも相次ぎ、厚生労働省が指導強化に乗り出している。

「仕事は全くなく、毎日本ばかり読んでいた」。福岡市の40代男性は、昨年夏に約2カ月間雇われた同市内のA型事業所での日々を振り返る。

うつ病を発症し精神障害者手帳を持つ。ハローワークで見つけた求人票の「ウェブ制作」という事業内容にひかれ、雇用契約を結んだ。ところが、通い始めて受けた指示は「自習」。平日午前10時半〜午後3時半に家から持ち込んだ本を読むだけで、時給900円が支払われた。何人かの他の利用者も「一日中おしゃべりをしていた」。「これでは自立できない」と不安になり、2カ月で退所し別のA型事業所に移った。

…詳しくは http://mainichi.jp/articles/20160110/k00/00e/040/142000c

============================================

[PR]
■■ 資金調達でお悩みの障害福祉サービス事業者様へ ■■
銀行借入に頼らなくても「障害介護・障害児給付費の早期現金化」で資金調達ができます!
株式会社THIRD-iのファクタリングサービスを是非ご検討ください。