[2016年9月14日付 毎日新聞Webより引用]

厚労省 介護施設で障害者サービス 18年度から

 厚生労働省は13日、高齢者、障害者が介護保険と障害福祉のどちらの事業所でも通所や訪問などのサービスを受けられるよう、2018年度に制度改正する方針を固めた。身近な事業所でサービスを受けられるようにして、施設や人材が限られる地域での利便性を向上させるのが狙い。

 現行制度では、65歳以上の高齢者が障害福祉事業所から介護保険サービスを受けることはできない。65歳未満の障害者が介護保険の事業所を利用することは例外的に認められることもあるが、事業所に支払われる報酬が低く普及が進まないなど縦割り制度の弊害が指摘されている。

…詳しくは http://mainichi.jp/articles/20160914/k00/00m/040/057000c

============================================

[PR]
■■ 資金調達でお悩みの障害福祉サービス事業者様へ ■■
銀行借入に頼らなくても「障害介護・障害児給付費の早期現金化」で資金調達ができます!
株式会社THIRD-iのファクタリングサービスを是非ご検討ください。