[2016年4月3日付 しんぶん赤旗より引用]

障害者総合支援法改定案
「財源」理由に給付抑制も
「基本合意」踏まえ 願いに沿うものに

 安倍政権は、障害者総合支援法「改正」法案を国会に提出しました。同法案は、昨年末に厚生労働省の社会保障審議会・障害者部会がまとめた報告書を踏まえてつくられたもの。報告書は、「財源確保」を理由に給付抑制の方向を示しています。(岩井亜紀)

 「法案概要をみると、運動で求めてきた項目もあがっています。一方、対象者が障害の程度で限定されたり、給付削減の誘導につながるものがあるなど利用者を分断する内容になっています」

 こう指摘するのは、障害者の生活と権利を守る全国連絡協議会の白沢仁事務局長です。「法成立後に、300もの政省令で具体的な支援内容や対象者は決まるので、法案だけでは全体の危険性がはっきりしない部分もある」

…詳しくは http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-04-03/2016040314_01_1.html

============================================

[PR]
■■ 資金調達でお悩みの障害福祉サービス事業者様へ ■■
銀行借入に頼らなくても「障害介護・障害児給付費の早期現金化」で資金調達ができます!
株式会社THIRD-iのファクタリングサービスを是非ご検討ください。